現役人事の就活攻略ブログ

現役で人事部採用担当をしています。また、薬剤師・FP・宅建の資格を持っています。

《コロナウイルス(Covid-19)の真実》真面目にコロナウイルス対策について考察してみる《次亜塩素酸水・アルコールジェル》

コロナウイルス概論(現状と致死率の評価)
世間を騒がせているコロナウイルス(Covid-19)ですが、これの特異性と起源・また対策方法について考察してみました。
現段階(2020年5月26日)の段階でのまとめは以下のとおり
全世界
罹患者→5,490,000名2020/05/26/143821
回復者→2,340,000名
死亡者→346,000名
致死率→6.3%
日本
罹患者→16,628名
回復者→13,612名
死亡者→851名
致死率→5.1%
※参考(インフルエンザ罹患による死亡率)
致死率→0.001%
ワクチンが完成しているインフルエンザウイルスと比較するのは、浅はかかもしれませんが、
単純に一般的でかつ重篤な状態に陥るインフルエンザと比較しても
コロナウイルス罹患による致死率は上述のとおり100名のうち5名が死亡する
とんでもない病気であることが評価できます。
 
・感染源の不透明性(陰謀論)
コロナウイルス(Covid-19)の起源はどこからなのか・・・。
中国・武漢市の「武漢華南海鮮批発市場」
新型コロナ:中国・武漢、新型ウイルス感染の男性死亡 初の死者: 日本 ...
「コウモリ」等が露天で販売されていたとのことですが、実は私自身2007年にこの近くに訪れたことがあります。
はっきりいって日本との衛生対策は雲泥の差であり、確かにウイルスが発生してもおかしくないような状態だったことを覚えています(私見です)
最近では、「武漢のウイルス研究所」から流出したという説も唱えられているようです。
新型コロナ:武漢の研究所長、ウイルス発生源疑惑を否定: 日本経済新聞
・・・万が一、ウイルス漏洩が原因であれば、いわゆる「バイオハザード」というゲームと同じ様な状況が起きているといえるでしょう。
-2019年12月8日-
最初のコロナウイルス(Covid-19)発症者が確認された日付です。
罹患者は半年で約550万人、死者も約35万人。
はっきりいって、こんなことがおきるのは前代未聞であり、
去年のこの頃の私たちは予想すらもしていなかったでしょう。
この疫病の感染源は現在「不明」です。WHOの公式見解です。
そんなこと本当にありえるのでしょうか。
あくまで個人的な感覚ですが、とっくの前に感染源はわかっているけど
「情報を公開できない」超不可解な事情があるとしか思えません。
 
・対策手段(コロナウイルスに罹患しない為には)
現時点で評価されているのは、概ね以下の2点です。
①次亜塩素酸水の空気拡散(加湿器を使った除菌法)
安全でかつ、確実にウイルスの減少に影響がある「次亜塩素酸水」。
自治体での配布がある場所も多く増えてきているようです。
しかし、本件に便乗した「低レベルの次亜塩素酸水」を含むとんでも商品がネットで横行しているのが現状です。
という訳で、当サイトでは有用性が間違いなく認められた製品を以下1点御紹介します。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
《公式リンク・最安値保障》
厚生労働省も評価した唯一の空気除菌手段「次亜塩素酸水-ジーア-(公式)」
-----------------------------------------------------------------------------------------------
楽天市場amazonで安価な商品が発売されていますが、上記のリンクは間違いないといえるでしょう。
→(厚生労働省「次亜塩素酸水」について)
②濃度が適切なアルコールジェルによる手の殺菌
昨今のアルコール消毒剤の流通状況を見ると
パンデミックが発砲された瞬間に比べて概ね安定しつつあると評価されます。
しかしながら、上述の次亜塩素酸水と同じように「悪質なアルコールジェル」が発売されていることは現状としてあります。
という訳で、当サイトでは「国産」「最安」「即日発送」を謳う以下の製品を紹介いたします。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
《公式リンク・最安値保障》
-----------------------------------------------------------------------------------------------
絶対に絶対に絶対に感染しないために、適切なコロナウイルス対策を実施しましょう。